つみにブログ

積み荷を燃やして……!と叫びたい。人生の積み荷をつらつらと書くブログ。

夏の劇場は寒い

本日の話題はタイトル通りなんですけれども。

 

夏の劇場って寒くないですか?

わたしは去年夏に入って最初の観劇にはりきってノースリーブのロングワンピースで行きましたが、劇場のあまりの寒さにお腹を壊しました。

当然ライトを浴びながら横隔膜震わせて台詞をしゃべり、全力で歌い、舞台によっては激しい動きもする役者さんはあれくらいエアコンがんがんでも暑いくらいなのだと思います。

役者さんへの配慮でもあり、観客である私たちに対しての「暑いところありがとうね、涼しくしといたからね」というおもてなし精神でもあるということは重々承知なのですが、いかんせん寒い。寒すぎる。

観劇前、緊張と暑さでだばだば汗かいてるところを冷やされればさもありなんというかんじなので、私は夏の観劇時は腹巻+カイロ必須です。

ねえ、いまばばくさいって思った人謝って!!!

 

まあ私はそんなにたくさんの劇場を知っているわけではないので、全てが空調がんがんというわけではないのかもしれませんが。

途中でお腹痛くなって推しに集中できなかったり、次の日も観劇なのに具合悪くなったりするよりは、多少出っ腹に見えても腹巻することを選びます、私は。そもそも元々出っ腹だからあまり見た目変わらない。

 

ちょーどうでもいいことを書いてしまいましたが、健やかな観劇ライフのためには健康管理も大事だよと、そういうお話でした。